拡大視野で精度の高い治療を~マイクロスコープ~

肉眼の治療には限界があります

重度の虫歯治療に対して行う根管治療では、肉眼では見えない、大変複雑な根管を扱います。実は根管治療は、大学でも「手指の感覚により行うもの」と指導されており、確実な治療ができずに再治療が必要になるケースも少なくありません。

根管治療は、経験や勘だけで行える治療ではありません。そこで近年では、細かな根管をしっかり確認しながら治療ができるよう、歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」が用いられるようになりました。沼津市の歯医者「アイデンタルクリニック」でも、マイクロスコープを使用した精密な根管治療を行っています。安心して当院までご相談ください。

当院ではマイクロスコープを完備しています

マイクロスコープは、患部を肉眼の約24倍まで拡大して見ることができる歯科用顕微鏡です。当院ではマイクロスコープを導入し、根管治療はもちろん、虫歯治療審美歯科、また口腔外科などの治療にも応用しています。更に、歯科用CTも併用し、平面ではわからない奥行きもあわせて確認し、治療にあたっています。

マイクロスコープは、眼科や心臓外科、脳外科などでは当たり前のように使われています。歯科においては、アメリカで1998年より根管治療の専門医に使用が義務づけられており、肉眼で見えない部分を扱うことも多い歯科治療には欠かせない機器となりました。

当院ではマイクロスコープと歯科用CTによって精密かつ安全な歯科治療を実現しています。安心しておまかせください。

マイクロスコープを使用するメリット

【メリット1】
安全・確実な治療が行える
【メリット2】
患者様の負担が軽減される
マイクロスコープで、肉眼では見えない部分も拡大して確認でき、細かな部分の治療もしっかり見ながら確実に行えます。安全性も高まり、スムーズな治療が実現します。 患部を細部までしっかり診て治療できるため、治療範囲を必要以上に広げることがなくなるうえに治療時間の短縮も可能。患者様にかかる身体的負担を軽減します。
【メリット3】
治療方法の選択肢が広がる
【メリット4】
医師の負担が軽減される
肉眼で見えないためにあきらめられていた箇所の治療が可能になり、治療方法の選択肢が広がります。 細かい患部を扱う治療がしやすくなり、医師の負担が軽減されます。その結果、より治療精度も高まります。

マイクロスコープを使用する治療

虫歯治療

マイクロスコープで患部を拡大して治療することで、必要以上に歯を削ることがなくなります。また詰め物を装着する際にもすき間ができないよう繊細に処置できるため、再発防止につながります。

虫歯治療についてはこちら

根管治療

従来は医師の経験と勘によって行われていた根管治療も、根管を拡大視野で確実に行えるようになったことで、再治療の可能性が低減できます。

根管治療についてはこちら

審美歯科治療

美しい詰め物・被せ物などを、患者様の歯にぴったり合うように精密につくり、装着することができます。

審美歯科治療についてはこちら

口腔外科手術 マイクロスコープを用いて行う口腔外科手術は「マイクロサージェリー」と呼ばれています。緻密な手術で髪の毛よりも細い糸での縫合も可能になり、術後の痛みや腫れも軽減できます。
インプラント治療

インプラント治療は、歯ぐきを切り開いて顎の骨に穴をあける外科手術をともなう治療です。精密性が欠かせないこの治療にマイクロスコープを用いることで、傷口も小さくて済み、術後の腫れや痛みも軽減されます。

インプラント治療についてはこちら

マイクロスコープの拡大イメージ

※画像をクリックすると拡大します。

矢印

矢印

沼津市の歯医者アイデンタルクリニックでは
マイクロスコープで重度の虫歯を救います  詳しくはこちら