歯を失ったままにしないでください~インプラント・入れ歯~

歯を失ったら放置しないで~インプラント~

虫歯歯周病の悪化などによって歯を失ってしまったとき、奥歯で見えないからといった理由でそのままにしてはいませんか?

歯は、すべてそろうことでバランスが保たれています。1本でも抜けると、空いたスペースに隣の歯が倒れこんできたり、咬み合う歯が伸びてきたりして、歯並びを乱してしまうことがあります。お口のバランスを守り、健康を維持するためには、抜けた歯を放置してはいけません。

そんな失った歯の機能を回復させる治療法として、近年多くの人に選ばれているのがインプラント治療です。こちらでは、沼津駅徒歩1分の歯医者「アイデンタルクリニック」がインプラント治療について詳しくご紹介します。

自分の歯のように咬めるインプラント

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯の機能を回復させる治療のこと。インプラントが顎の骨としっかり結合する仕組みになっているため、咬み心地は自然のままです。人工歯はセラミックでつくられるため、見た目もとても美しく仕上がります。

失った歯だけの治療になるため、まわりの健康な歯に負担をかけないのもインプラントの特徴の一つです。メリットが多いインプラントは、今後もますます選ばれていく治療になるでしょう。

当院のインプラント治療が安全・安心な理由

当院の院長は、日本口腔インプラント学会の認証医です。これは、インプラント治療の知識と技術を兼ね備えていると認められた歯科医師に与えられる資格。当院では医師の確かな技術に加え、高度な治療環境を整えて、安全・安心なインプラント治療をご提供しています。こちらでは、当院のインプラント治療におけるこだわりをご紹介します。

歯科用CTによる精密な診断
当院では歯科用CTを完備しており、インプラント治療に必要な顎の骨の詳細なデータを、院内で取得することができます。またそのデータをもとに精密なシミュレーションができるので、手術の精度が高まります。
トップブランド「ノーベルバイオケア社」のインプラント
当院では、インプラントのトップブランド「ノーベルバイオケア社」のインプラントシステム「ブローネマルクインプラント」「リプレイスインプラント」を採用しています。日本はもちろん世界でのトップシェアを誇るインプラントにより、高精度な治療が可能になります。
静脈内麻酔の採用
当院ではインプラントを埋め込む手術に不安があるという方にもリラックスしていただけるよう、静脈内麻酔を行っています。この麻酔は、痛みはもちろん恐怖感を和らげるという特徴があります。麻酔専門医が対応するため安心です。

インプラント治療の流れ

STEP1 STEP2 STEP3
歯ぐきを切開し、インプラントを埋め込む顎の骨が見えるようにします。 顎の骨に、インプラントを埋め込むための穴を専用のドリルであけます。 あけた穴にインプラントを埋め込みます。

STEP4 STEP5 STEP6
インプラントの頭を歯ぐきで覆い、骨との結合と傷口の治癒を待ちます。 インプラントと顎の骨が結合したら再び歯ぐきを切開し、アバットメント(人工歯との接続部分)を装着します。 もう一度傷口の治癒を待ち、アバットメントに人工歯を装着して治療は完了です。治療後はメインテナンスを欠かさず、良い状態を維持しましょう。

入れ歯という選択肢

失った歯の機能を回復させるもう一つの治療として、古くから選ばれているのが「入れ歯」です。入れ歯には「ずれやすい」「痛い」などといった悪い印象がありますが、入れ歯もずいぶん進歩しており、やり方次第で快適な入れ歯をつくれます。入れ歯のお悩みは、沼津市の歯医者「アイデンタルクリニック」までご相談ください。

保険診療と自由診療の入れ歯の違い

入れ歯には、保険診療のものと自由診療のものがあります。その違いは次のとおりです。

  保険診療 自由診療
見た目
素材・様式 素材はレジンのみであり、形も決まっている 金属の床など、豊富な種類から素材が選べて形も豊富
強度 ある程度の強度は得られる 高い強度が得られる
審美性 目立ちやすい 自然な見た目を追求できる
使用感 床が厚く、装着感や咬み心地に劣り、食べ物の温度も伝わりにくい 床を薄くできるため、装着感や咬み心地の良いものがつくれ、金属の床なら食べ物の温度も伝わりやすい
治療期間 短い 比較的長い
費用 安くおさえられる 高額になる

取り扱い入れ歯紹介

レジン床(保険診療)
 特徴 床がレジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯
メリット
  • 費用がおさえられる
  • 治療期間が短い
  • ほとんどの症例に適用できる
デメリット
  • 装着時に違和感がでることがある
  • 審美性、咬み心地は劣る
  • 発音に支障が出ることがある
  • 部分入れ歯なら、バネをかける健康な歯に負担がかかる
金属床(自由診療)
 特徴 床が金属(コバルトクロム、チタンなど)でつくられた入れ歯
メリット
  • 強度が高いため壊れにくい
  • 床を薄くできるため軽くつくれ、装着時の違和感も少ない
  • 食べ物の温度を伝えやすい
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 修理しにくい
  • 費用が比較的高額になる
ノンクラスプデンチャー(自由診療)
 特徴 部分入れ歯によくあるクラスプ(バネ)がない入れ歯。歯ぐき部分は自然なピンク色のやわらかい素材でつくられている
メリット
  • バネがないため目立ちにくく、自然な見た目になる
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 耐久性が高い
デメリット
  • 食べ物の温度が伝わりにくい
  • ブラッシングしにくいことがある
  • 費用が比較的高額になる

ご不明な点は、お気軽に当院にお問い合わせください
沼津市の歯医者「アイデンタルクリニック」
TEL: 055-951-7088
歯周病専門医 / 日本口腔インプラント学会認証医 /沼津駅徒歩1分