歯の痛みは放置しても治りません~虫歯・根管治療~

歯の痛みは早めに治しましょう

虫歯は、プラーク(歯垢)に棲み付く虫歯菌が糖分をエサにして酸を出し、その酸によって徐々に歯が溶かされていく病気です。初期には痛みなどの自覚症状がないため、「痛い」と感じたときにはかなり進行してしまっているというケースも少なくありません。

風邪などと違い、「様子を見ているうちに治った」などということは決してありません。早めの治療が肝心なので、歯の痛みを感じたら放置せず、できるだけ早く沼津市大手町の歯医者「アイデンタルクリニック」までご来院ください。

虫歯を放置するリスク

虫歯を放置して悪化すると、歯の神経が死んでいったん痛みがなくなります。痛みがなくなったからといってさらに放置すると、次のような様々なリスクが生じます。

  • 歯根に膿がたまり、再び激しく痛みはじめる
  • 治療が難しくなり、通院回数や費用が増える
  • 治療時の痛みが強くなる
  • その歯だけでなく、まわりの歯や体の健康にも悪影響を及ぼす

虫歯を放置して良いことは一つもありません。自分のために、できるだけ早く適切な治療を受けましょう。

虫歯治療の症例

※画像をクリックすると拡大します。

虫歯治療の症例01

矢印

虫歯治療の症例02

重度の虫歯は根管治療で治します

虫歯が重度にまで進行すると、歯根の中にある神経や血管は死んでしまいます。この段階まで進行すると、従来ならその歯は抜かなければなりませんでした。しかし近年では、根管治療によって重度の虫歯も残せるようになりました。

根管治療とは、死んでしまった神経や血管を根管の中から取り除いて消毒し、すき間なく薬剤を充填する治療のことです。大変細かく複雑な構造をしている根管を扱うため、とても難しい治療ですが、確実に行えれば歯は抜かずに残せます。

マイクロスコープで精密な根管治療を実現

大変細かい根管は、肉眼で見ることができません。そのため、従来では根管治療は「経験と勘が頼り」とされてきました。しかし、それでは確実な治療を行えません。

当院では、まだ全国でも導入している医院が少ない高性能なマイクロスコープを根管治療に使用しています。患部を約24倍にも拡大することができるため、根管を確認しながら精密な治療を進めることが可能になりました。高精度な根管治療なら、どうぞ当院にご相談ください。

当院では「ラバーダム」を使用して治療を行っています

ラバーダムとは、歯の根を治療する際、その歯の周りにゴムのシートを張って金具で固定するもので、お口の中から歯を隔離する道具です。歯の根の治療を成功するためには、根管(歯の根)の中に細菌を入れないようにすることが非常に重要です。そのため、唾液に含まれる細菌が歯の根に入らないように防ぐことが非常に重要なのです。
そこで、唾液の侵入を防ぐために最も確実な方法が「ラバーダム」です。当院では患者様の歯を本当に大事に思っているからこそ、ラバーダムを使用しています。

ラバーダムの症例

※画像をクリックすると拡大します。

ラバーダムの症例01

矢印

ラバーダムの症例02

治療は絶対に中断しないでください

難易度が高い根管治療は、どうしても治療期間が長くなります。しかし、通院回数が多くなると、途中で治療をやめてしまう方も少なくありません。

しかし、根管治療は中断することで、根管に細菌が残ったままになり、症状が悪化して最終的には抜歯しなければならなくなるかもしれません。大切な歯を守りたいのであれば、治療は必ず医師が「終わり」と言うまできちんと受け続けるようにしましょう。

沼津市の歯医者アイデンタルクリニックでは
「予防」に勝る「治療」はないと考えています
詳しくはこちら