白くキレイな歯を手に入れませんか?~審美歯科・ホワイトニング~

見た目と機能性を向上させる審美歯科

審美歯科では歯の機能回復に加え、見た目を美しくする治療を行っています。「前歯が欠けてしまった」「目立つ銀歯が気になる」というお悩みは、審美歯科で解決できます。

歯は、しっかり咬めることが重要なのはもちろんですが、見た目の美しさも大切。口元が気になって、自然に笑えないとしたら、それはとても残念なことです。歯の見た目を改善したいという方は、沼津市の歯医者「アイデンタルクリニック」にご相談ください。審美歯科で自然で美しい口元を手に入れ、毎日を笑って過ごしませんか?

銀歯とセラミックの違い

  銀歯 セラミック
見た目
審美性 白い歯列の中で目立つ まわりの歯の色に合わせた自然な白い歯にできる
耐久性 経年によって劣化しやすいうえ、歯とのすき間に虫歯が再発しやすい 変色、摩耗が起きにくいため、お手入れ次第で長く使える
安全性 イオン化して溶け出し、金属アレルギーを招いたり、歯ぐきを黒ずませたりすることがある 金属アレルギーや、歯ぐきへの影響などの心配がない
硬さ 天然歯より硬いため、咬み合う歯を摩耗させてしまうことがある 種類によっては、天然歯に近い硬さのものがつくれる
費用 保険が適用されるため安価 自由診療になるため比較的高額

当院ではメタルフリーを推奨しています

歯科治療で銀歯は当たり前のように使われていますが、金属アレルギーを招く恐れがあります。金属がだ液によって溶け出し、体内に取り込まれることで発症します。

当院では体への安全性をふまえ、メタルフリー治療をおすすめしています。メタルフリー治療とは金属を一切使用しない治療のこと。銀歯の代わりにセラミックを使用します。セラミックは美しいだけでなく、体にもやさしい素材なので、金属アレルギーの心配をせずにすみます。

アクセサリーなどの金属によって肌のかぶれや手足のしびれが起きたり、頭痛が続いていたりする方は、お口の中の金属を取り除くことで症状が改善される可能性あります。どうぞ一度、当院にご相談ください。

症例紹介

銀歯からセラミックに変えた例

※画像をクリックすると拡大します。

歯が痛いと来院されて、銀歯を外したら虫歯でした。
理由は保険の銀歯を入れていましたが、銀歯と歯の間に隙間が空いており、その隙間から細菌が入り二次カリエス(虫歯)になっていました。セラミックの詰め物に変えたところ、以前のような隙間もなく、経過は良好です。

変色した保険の詰め物をラミネートベニアに変えた例

※画像をクリックすると拡大します。

元々、保険のCR(コンポジットレジン)で補修されていましたが、色が変色をしてきました。再度CRの修復を希望されましたが、時間が経つとまた同じように繰り返すため、変色がしにくいラミネートベニアによる修復を提案し、治療を行いました。

取り扱い素材紹介

オールセラミック
特徴 セラミックのみでつくられた詰め物・被せ物
メリット
  • 自然な白さと透明感が再現できる
  • 変色の心配がない
  • プラークが付きにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 欠けることがある
  • 比較的歯を多く削る必要がある
  • 天然歯より硬く、咬み合う歯に負担をかける
  • 比較的高額になる
審美性 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
ハイブリッドセラミック
特徴 セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合せた素材でつくられた詰め物・被せ物
メリット
  • 自然な白さが再現される
  • 天然歯に近い硬さで咬み合う歯を痛めない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • オールセラミックより安価
デメリット
  • 審美性はオールセラミックより劣る
  • 経年によって変色することがある
  • 咬み合わせによって使用できない部位がある
審美性 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆
メタルボンド
特徴 金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた被せ物
メリット
  • 自然な白さが再現される
  • 強度があり奥歯にも使える
  • オールセラミックより安価
デメリット
  • 透明感は再現できない
  • 金属アレルギーのリスクがある
審美性 ★★★★☆
耐久性 ★★★★★
ラミネートベニア
特徴 前歯を薄く削り、その上に薄いセラミック製の板を貼り付けて、歯の色調や軽度の歯並びの乱れを整える治療
メリット
  • 長期的に白い歯が保てる
  • 治療期間が短い
  • 美しい前歯が手に入る
デメリット
  • 歯を削る必要がある
  • 比較的強度は劣る
  • 前歯にしか適用できない
  • 比較的高額になる
審美性 ★★★★☆
耐久性 ★★☆☆☆
ファイバーコア
特徴 グラスファイバーでつくられた被せ物の土台(コア)。
メリット
  • 金属のコアのように、被せ物の透明感を損なうことがない
  • 適度なしなやかさがあり、歯根を傷めない
  • 再治療の際に簡単に取り除ける
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯の状態によっては適用できない
  • 比較的高額になる
審美性 ★★★★★
耐久性 ★★★★★

歯の黄ばみはホワイトニングで白くしましょう

コーヒーや紅茶、カレーなどの色素の強い飲食物やタバコなどの影響によって、歯は徐々に着色してしまうものです。また加齢によっても、年々黄ばみを増していきます。そのため、以前のような白い歯でなくなってしまったことに、お悩みの方は少なくありません。

そんな方におすすめなのが、体にやさしい薬剤を使って歯の色を白くするホワイトニング処置です。沼津市大手町の歯医者「アイデンタルクリニック」では、医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングをご用意しており、ご希望に合ったやり方をお選びいただけます。歯の黄ばみでお悩みの方は、ホワイトニングで白い歯を手に入れ、口元のお悩みを解消しませんか?

当院のオフィスホワイトニングの特徴

STEP1 STEP2 STEP3

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で施術するホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯に塗布し、特殊なレーザー光をあてることで歯を白くします。数回の施術で希望する白さが得られるなどのメリットがあります。当院のオフィスホワイトニングでは、日本製のホワイトニングライトを採用しています。なぜなら、日本人の歯に合わせてつくられているので、処置を受けられる方への負担が少ないためです。

外国製のライトでは、光が強過ぎて痛みが生じやすくなるため、痛み止めを服用しながら処置を行う医院もあります。当院ではそういったことを避けるため、日本人の歯に合ったやさしいホワイトニングをご提供しています。

ご自宅でゆっくり白くしていくホームホワイトニング

STEP1 STEP2 STEP3

ホームホワイトニングは、医院で型を取ってつくったマウストレーに、ご自宅で低濃度のホワイトニング剤を注入し、毎日一定時間装着する方法です。徐々にホワイトニング剤が歯に浸透していき、2週間程度で効果が現れます。白さが得られるのに日数がかかりますが、効果が長続きするというメリットがあります。

ホワイトニングが受けられない方

次のことに当てはまる方は、ホワイトニングを受けていただくことができませんのでご注意ください。

  • 虫歯・歯周病にかかっている方
    →先に虫歯・歯周病の治療を済ませてください。
  • 妊娠中の方
    →お腹の中の子供に影響を及ぼさないためにもホワイトニングはお控えください。
  • 強い変色のある方
    →ホワイトニングでも白くできないことがあります。
  • 詰め物・被せ物を白くしたい方
    →人工歯を白くすることはできません。
  • 神経を取り除いている方
    →神経を取り除いた歯は、白くすることができません。

沼津市の歯医者アイデンタルクリニックでは気になる歯だけでなく、お口全体をトータルで診察します詳しくはこちら