歯を抜くことの意味

なぜ歯を抜くのか

「歯を抜く」ということに、あまり良いイメージをもっていない方は多いのではないでしょうか。確かに、抜かなければならないほど虫歯歯周病を悪化させてしまう事態は、できるかぎり避けたいものです。しかし、場合によっては「歯を抜いたほうがいい」ケースもあります。

たとえば、悪化した虫歯を残すことでまわりの歯の寿命を縮めたり、体にも悪影響を及ぼしたりする可能性が高いと場合には、抜歯をおすすめします。大切なのは、お口の中の状況をよく理解したうえで判断することです。こちらでは、沼津市大手町の歯医者「アイデンタルクリニック」が、歯を抜くことの意味についてご紹介します。

歯を抜くことになるケース

当院では、できるかぎり歯を残す治療を選択していますが、お口の健康を守るためにやむをえないと判断した場合には、抜歯を選択することもあります。たとえば、次のようなケースが挙げられます。

【Case1】
虫歯の進行が著しい
虫歯は進行すると、歯の内部をどんどん破壊しいきます。虫歯の治療法は「患部の除去」ですが、それにも限界があるのは事実です。最後の手段となる根管治療を行ってもトラブルが解決できない、また歯冠部がほぼなくなってしまっているというケースでは、抜歯を選択することになります。
【Case2】
歯周病の進行が著しい
歯周病が重度にまで進行すると、歯を支える歯ぐきや顎の骨などの歯周組織が大きく溶かされ、歯がグラグラになります。さらに悪化すると歯が抜け落ち、まわりの歯周組織にまで影響を及ぼします。歯周病の進行を食い止めるためにも、こういう歯は抜いたほうがいいと言えるでしょう。
【Case3】
歯が大きく割れている
歯ぐきに埋まっている歯根の部分が大きく割れたり欠けたりしている場合、それを放置するとそこから虫歯や歯周病などの病気が広まる可能性があります。こういった歯は抜いたほうがいいと言えます。
【Case4】
咬み合わせに問題がある
正しくない位置に生えているなどして、咬み合わせに大きな影響を与えている歯があり、矯正治療でも解決できないという場合には、まわりの歯や歯周組織への影響を考慮し、その歯を抜く選択をおすすめします。
【Case5】
治療効果が見られない
できるだけ歯を残すという方向であらゆる治療を行っても効果が得られない場合には、抜歯を選択します。また、親知らずなどその歯自体は健康であっても、残すことでまわりに悪影響を与える可能性が高い歯は抜いたほうがいいでしょう。

悪い歯を残すと健康な歯にも影響があります

抜歯したほうがいいと判断された歯を無理やり残していると、まわりの健康な歯にまで次のような悪影響が及んでしまいます。

虫歯の場合

虫歯は悪化すればするほど痛みを増す病気ですが、神経が死んでしまうといったん痛みがなくなります。しかし、痛みはなくても虫歯はさらに進行していくので、しばらくすると歯根の先に膿の袋ができて炎症が起き、再び激しい痛みが出ます。

そして、顎骨炎(がっこつえん)や歯周病巣感染(ししゅうびょうそうかんせん)などといった新たな病気を招きます。

歯周病の場合

歯周病の悪化を放置しておくと、歯は支えを失って最後には抜け落ちます。その状態をさらに放置すると、歯周病の症状はどんどんまわりの歯にも広がります。

そこまで進行すると、まわりの歯までも失うリスクが高まるのはもちろん、治療が難しくなり、患者様の体の負担も増えてしまうのです。

沼津市の歯医者アイデンタルクリニックが
セカンドオピニオンの重要性をご紹介します
詳しくはこちら